直流DC12Vで使える冷房機器

独立型の太陽光発電でバッテリーに蓄えた電気を12Vの電気機器を使って夏を涼しく過ごします。

冷房家電の代表と言えばクーラーが一般的ですが、最近は消費電力の少ないDC扇風機が注目されています。
DC扇風機はDCモーターを使用しているので12V仕様の製品の場合はそのまま使用が可能です。

直流なので扇風機の弱風モードも極限まで風量を抑えて動作させることもできます。なので長時間の使用も可能になります。

このページでは、ACアダプターを使用したDC扇風機をご紹介しています。

スポンサーリンク

自作で楽しむ太陽光発電

12V用のDC扇風機

最近流行りのDC扇風機は普通の扇風機と比べて消費電力が少なく、超微風もできるという事で人気ですがどれも価格が高い。

そんな中、近くのホームセンターで在庫処分中の商品がお安く販売されていたので購入してみました。

【WKJ-F303DCR(R) DCモーターファン】

・風がやさしい30cm、5枚羽根
・ダイヤル操作で微風から強風まで8段階調節
・各風量段階ごとの自然のそよ風のようなリズム風付き
・各風量段階ごとのおやすみ風で安眠を誘います
・離れてらくらくフルリモコン操作
・首振り操作もリモコンで簡単
・7.5時間切タイマー、微風付きおやすみモードの併用で朝まで安眠
・上下高さ調節機能付き(850~1050mm)
・DCモーター採用で省エネを実現

購入時の価格は4,990円。

太陽光発電で使える12V用のDC扇風機

この商品は12VのACアダプターで作動するタイプなので、DCジャックにシガープラグから引き込んだ電源を繋ぐと使用ができます。

12V用のDC扇風機のパッケージ

ACアダプター

最近のDC扇風機は交流を直流に変換する装置が、あらかじめ本体に内蔵されたものが多く、簡単には12V用に流用できません。

でも、この扇風機は電源にACアダプターを使っており、本体には一般的なDCジャックが内蔵されています。

12V用のDC扇風機に内蔵されたDCジャック

これなら簡単に12Vの電源を扇風機に流用が可能です。

DC扇風機に内蔵されたDCジャックにDCプラグを差し込む

リモコン内蔵

扇風機にはカードタイプのリモコンが付属していました。

手元でモード切替や風量調節ができるので、とっても便利です。

ただ、リモコンが小さいのですぐにどこへ置いたか分からなくなりそうです。

DC扇風機に内蔵されたリモコン

DC扇風機の消費電流

本体に表示されている定格消費電力は20Wとなっていました。

微風から強風まで8段階の風量調節がありますので、微風のおやすみモードなどは消費電流が少なくて長時間の使用ができます。

夏は、ほとんど毎日、タイマー設定で扇風機をつけっぱなしで使用していました。

DC扇風機の消費電流

DC扇風機の使用風景

この扇風機を夏場の車中泊などで車内で使用するには少々大きいですが、使えないことはないと思います。タイマーが付いているのでサブバッテリーを使っている時でも安心して使用ができます。

そして、家で使うには大変活躍します。

100V電源の普通の扇風機と比べて少々値段がお高いDC扇風機ですが、夏以外のセールの時に購入すると意外と安いです。

DC扇風機の使用風景
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【太陽光発電】

自然災害が多発している今、再生可能エネルギーが見直されています。空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められて広大なメガソーラー発電所になっていたりします。

新興住宅街には屋根にソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅もあちこちで目につきますね。
灯油で使う石油ボイラーやストーブを撤去してオール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

太陽光発電をしている家庭のほとんどは売電を目的として設置しているので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。

スポンサーリンク

関連記事

【太陽光発電】

自然エネルギーが見直されている今、広大な空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められてメガソーラー発電所になっていたりします。

屋根にはソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅も目につきますね。
オール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

どれも売電を目的として設置している太陽光発電なので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。