自作の太陽光発電で使うバッテリーについて - 自動車用のバッテリーを流用

ソーラーパネルで発電した電気を蓄電するにはバッテリーが必要になります。

通常は12Vもしくはバッテリーを直列した24Vのシステムを作ります。

また、本格的に太陽光発電システムを作ろうと思うとディープサイクルバッテリーなどが必要になりますが、価格が高いのがネックです。

もし、手軽に太陽光発電を始めたい場合は自動車用のバッテリーがおススメです。

電圧が下がってしまった廃バッテリーでも、太陽光発電で使うには十分です。

スポンサーリンク

廃バッテリーでも並列化することで、蓄電量を増やすことも可能になります。

このページでは12V用の軽自動車用バッテリーについて紹介したいと思います。

廃バッテリー

現在、自宅の太陽光発電で使用しているバッテリーは軽自動車用のバッテリーです。

我が家で乗っている2台の自動車が、どちらも軽自動車ということもあり、バッテリー交換した際に廃棄するつもりだったバッテリーを使っています。

自動車用バッテリーには、「開栓型」と「密閉型」がありますが、メンテナンスフリーバッテリーと呼ばれる密閉型を使う際は注意が必要です。

以前、太陽光発電で使っていた密閉型のバッテリーが充電中に素手では触れないほど熱くなって膨張し、危険なことがあったので、私の場合は密閉型の使用は避けています。

下の写真のバッテリーは「44B19L 軽自動車用 バッテリー」で品番の見方は以下になります。

①最初の数字

性能ランクを表し、数字が大きくなるほど容量と始動性能が上がります。

②2番目のアルファベットの大文字

アルファベットは短側面の幅と箱の高さの区分です。Bの場合は軽自動車用に使われていることが多い。

③3番目の数字

数字はバッテリーの長さ。

④4番目のアルファベットの大文字(LかR)

バッテリーのプラス端子とマイナス端子の位置を表しています。

このバッテリーは車のバッテリー交換時に取り外して長らく倉庫に放置していたものです。

軽自動車用の廃バッテリー

軽自動車用のバッテリーなら新品で購入しても価格は安いです。

高性能バッテリー

長年使われた中古の廃バッテリーは、それなりの容量しか蓄電できません。

負荷の大きな電気製品を使うと電圧降下も大きい。

そこで、高性能で話題のパナソニックから発売されている「カオス N-60B19L/C7」を使ってみました。

太陽が沈んでソーラー発電が終わった状態でも高い電圧を維持しています。

消費電力の大きな電気製品を使っても電圧降下が少なく、長時間の使用が可能でした。

高性能バッテリー カオス

以下のリンク先で「カオス N-60B19L/C7」をポータブル電源として使用した際の様子を紹介しています。

高性能なバッテリー「カオス N-60B19L/C7」です。

ディープサイクルバッテリー

自動車用のバッテリーはエンジン始動時にセルモーターを回す為に作られている構造上、瞬間的に大きな電流が取り出せる12.8V~11Vの間で電圧を維持するようにできています。

なので、充電が完了する時間が早い反面、使用できる時間も短くなります。

そして、11Vを下回る電圧で無理に使用して容量が少なくなった場合、再充電しても回復しないこともあります。

その点、ディープサイクルバッテリーは10V近くまで下がっても使用が可能で、劣化も少ない。

しかし、価格が高いのがデメリットですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【太陽光発電】

自然災害が多発している今、再生可能エネルギーが見直されています。空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められて広大なメガソーラー発電所になっていたりします。

新興住宅街には屋根にソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅もあちこちで目につきますね。
灯油で使う石油ボイラーやストーブを撤去してオール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

太陽光発電をしている家庭のほとんどは売電を目的として設置しているので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。

スポンサーリンク

自作の太陽光発電で使うバッテリーについて - 自動車用のバッテリーを流用
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

関連記事

【太陽光発電】

自然エネルギーが見直されている今、広大な空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められてメガソーラー発電所になっていたりします。

屋根にはソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅も目につきますね。
オール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

どれも売電を目的として設置している太陽光発電なので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。