自作の太陽光発電での危険性

自動車用の鉛バッテリーに蓄電するソーラー発電システムを組む上で注意しなけらばならない事がいくつかあります。

電気の危険性は色んな所に隠れていますが、実際に危険な目に合わないと分からない場合が多い。

チャージコントローラーやインバーターにはあらかじめ安全装置が備え付けられていますし、配線の至る所にヒューズも取り付けています。

それでも、想定外のところでトラブルは起こります。

スポンサーリンク

例えば、チャージコントローラーが制御不能になった場合はどうなるか、許容電流を超えた配線が発火したらどうするか、バッテリーがショートしたら、負荷側で使用する電気製品の接触不良による発熱・発火したら等々。

このページでは、実際に危険な目にあった出来事や発生したトラブルを自分の忘備録としてまとめています。

ケーブルの接続端子が接触不良を起こすと異常発熱や電圧降下を起こします。 大電流が流れる配線をしている場合は火災の原因にもなる

劣化した鉛バッテリーの過充電は爆発や火災の原因になる事もあります。電圧計の異常に気付いたら早めの対策を。

バッテリー端子がむき出しの状態だとショートの危険性があります。ショートを防止するバッテリー端子カバーの必要性について。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【太陽光発電】

自然災害が多発している今、再生可能エネルギーが見直されています。空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められて広大なメガソーラー発電所になっていたりします。

新興住宅街には屋根にソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅もあちこちで目につきますね。
灯油で使う石油ボイラーやストーブを撤去してオール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

太陽光発電をしている家庭のほとんどは売電を目的として設置しているので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。

スポンサーリンク

自作の太陽光発電での危険性
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

関連記事

【太陽光発電】

自然エネルギーが見直されている今、広大な空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められてメガソーラー発電所になっていたりします。

屋根にはソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅も目につきますね。
オール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

どれも売電を目的として設置している太陽光発電なので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。