ソーラーパネルの取付

ソーラーパネルは基本的に屋根やベランダなどの風雨にさらされる場所に設置するので、台風や爆弾低気圧などの突風で飛んでしまわないようにしっかりとした取り付けをしなければなりません。

今回は長さ900mmのL字アングルを使ってソーラーパネルの架台を作って設置してみました。

屋外に設置するので、ボルトやナットはステンレス製を使用しています。

ソーラーパネルの向きや角度によっても充電効率が変わってくるので、太陽の当たる方角も考慮しなければなりません。

スポンサーリンク

最近はスマホで太陽の位置が確認できるアプリもありますので、利用すると便利です。

ソーラーパネルの架台制作

【ソーラーパネルの架台制作材料】

●900mm L字アングル:4本
●6Mのステンレス製ボルト:10個
●6Mのステンレス製ナット:10個
●ステンレス製のワッシャー:20個

ソーラーパネルの架台制作材料

平置きの場合

ソーラーパネルを平らな場所で平置きにした場合は、架台が必要ないので簡単です。

ソーラーパネルを屋根に平置きする

しかし、水平状態だと雨の日はパネルの上に水がたまったり、パネルの水が乾いても塵や埃の汚れがひどくなったりして発電能力が極端に低下してしまいます。

なので、やはりソーラーパネルは傾けて水はけが良くなるようにした方が良いです。

ソーラーパネルの平置きは汚れが溜まる

架台の材料をカット

L字アングルは、基本的に900mmの長さをそのままで使います。

そして一本だけ半分の長さ(450mm)にカットします。450mmの長さが2本できます。

ソーラーパネルの平置きは汚れが溜まる

L字アングルの接続部分は斜めになるので、端をグラインダーで削って丸くしておきます。

L字アングルの接続部分は斜めになるので、端をグラインダーで削って丸くする

架台の組み立て

写真のように組み立ててソーラーパネルに取り付けます。

ソーラーパネルに溶接されているナットは6Mのものなので、6Mのステンレス製ボルトを使用しています。

ソーラーパネルのL字アングル架台制作

床面は木なのでステンレス製のコースレッドで固定しています。

ソーラーパネルのL字アングル架台取り付け

架台の角度

夏場と冬場では太陽の位置が違うのでソーラーパネルは真南に向けて、角度は20°~45°にしている場合が多いそうです。

この架台の場合は短い450mmのアングルの位置を変えるだけで、ソーラーパネルの角度を簡単に変える事ができます。

ご自宅の日当たりに合わせて角度を調節すれば良いですね。

ソーラーパネルのL字アングル架台の角度
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【太陽光発電】

自然災害が多発している今、再生可能エネルギーが見直されています。空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められて広大なメガソーラー発電所になっていたりします。

新興住宅街には屋根にソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅もあちこちで目につきますね。
灯油で使う石油ボイラーやストーブを撤去してオール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

太陽光発電をしている家庭のほとんどは売電を目的として設置しているので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。

スポンサーリンク

ソーラーパネルの取付
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

関連記事

【太陽光発電】

自然エネルギーが見直されている今、広大な空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められてメガソーラー発電所になっていたりします。

屋根にはソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅も目につきますね。
オール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

どれも売電を目的として設置している太陽光発電なので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。