太陽光発電をスマホの監視カメラで管理する

太陽光発電を自作して使っていると、外出した際にソーラーパネルが正常に発電しているか、バッテリーが安全に充電されているかなど、心配な時があります。

そんな時は家に余っている使わなくなったスマホ(androidやiPhone)を監視用のwebカメラとして使うと便利です。

バッテリーの蓄電状況や家の様子を外出先からでも確認する事ができるようになります。

最近は無料で便利なスマートフォンのアプリが色々とありますので、その中からチョイスしました。

太陽光発電 DIYで自作

このページではアイフォンとアンドロイドの両方で使える相性の良いアプリを紹介したいと思います。

アプリはインカメラとアウトカメラを使い分ければカメラの向きを変えなくても、2方向の撮影が可能です。

スマホを監視カメラ化する

お手持ちのスマートフォンをウェブカメラとして使うには家庭でWi-Fiが使える事が条件になります。

そして、まずはスマホに監視カメラアプリをインストールするのですが、Google PlayやApp Storeで「監視カメラ」とワード検索すると沢山のアプリがあるので、どれを使えば良いか迷ってしまいます。

webカメラを使う条件として、「無料で使える事」「androidとiPhoneの両方で使える事」「レビューが良い」「ポート開放の設定が必要ない」「インカメラとアウトカメラの切り替えができる」「音声が聞こえる」などで選んでみました。

大規模な災害による停電

Alfred Camera

「Alfred Camera」というアプリがレビューも良くて使い易そうなので使ってみました。

このアプリの特徴は、カメラ用のスマホと監視用のスマホに同じアプリをインストールする事でアプリ会社のサーバーを通して映像を見る事ができます。

お互いのスマホを認証するには自分が使っているグーグルアカウントを利用するので手軽です。

動き検出スゲジュール機能が付いているので、カメラの前で動きがあった場合に知らせてくれます。検出時間帯を設定することができるので夜間はオフにすることも可能。 録画機能もありますが、動画ファイルはサーバー側に保存されるのでスマホで見るにはダウンロードが必要。

Alfred Cameraを使って太陽光発電を監視

今回、カメラとして使うiPhone5にアプリをインストールします。

説明を読みながらスタート画面まで進みます。

Alfred Cameraをインストール

このスマホをwebカメラとして使うので「カメラ」を選択。

Alfred CameraでiPhone5をwebカメラ化

現在使っているグーグルのアカウントをそのまま使ってログインします。

もし、セキュリティー面が心配であれば新しくカメラ用にグーグルアカウントを作っても問題ありません。

グーグルアカウントを使ってAlfred Camera

次にアプリ側がスマホのカメラやマイク、位置情報などの機能へアクセスを求めてくるので全てOKボタンを押していきます。

Alfred Cameraにカメラへのアクセスを許可

これでカメラ側の設定は終了。

Alfred Cameraのカメラ側の設定は終了

次はモニター用にアンドロイドのスマートフォンにAlfred Cameraをインストールします。

同じように設定を進んで行き、モニターで使うか、カメラとして使うかの選択画面で「ビューア―」を選択します。

アンドロイドのスマートフォンにAlfred Cameraをインストール

これで監視カメラとして使えるようになりました。

画面の上部に広告が入りますが、それほど気になりません。

androidのスマホをAlfred Cameraのモニター用として使う

画面下の左から2番目のアイコンを押すとバックカメラに切り替える事も出来ます。 3番目はライト、4番目は暗視モード。

ボタン一つで2台のスマホのカメラ機能とモニター機能を入れ替えができるのも便利です。モニター画面の左下に小さく反対側のカメラの映像も表示されています。

太陽光発電の状況は性能の低いインカメラで確認し、高機能なアウトカメラでは室内の防犯カメラとして使用します。

カメラの画面に変化があるとモニター側のスマホにお知らせが届くので、もし子供やペットが部屋に設置している太陽光発電の設備にイタズラした場合に気付くことができます。 カメラの音声もモニター側で、はっきりと聞こえます。

Alfred Cameraを使って太陽光発電を監視する

AtHome Camera

Alfred Cameraは便利なのですが、カメラ側の音声はモニター側でしか聞くことができません。 せっかくならモニター側で、しゃべった声もカメラ側に出力したい。そうすれば、室内にいるペットや子供に話しかけることもできます。 もし、イタズラしていたら「コラ!」と声をかける事もできます。

相互通話のできる監視カメラアプリの中で「AtHome Camera」が便利そうなのでチョイスしました。 モニター側には「AtHome Camera」、カメラ側には専用の「AtHome Video Streamer」をインストールします。

AtHome Cameraもカメラ映像の動きを検出してモニター側に知らせてくれます。 Alfred Cameraで出来る機能は、このアプリにもすべて備わっています。

そして、録画したカメラの映像はアプリのサーバーではなくモニター側のスマホの中に直接保存されるのも良い。

AtHome Cameraを使って太陽光発電を監視

カメラとして使うiPhone5に「AtHome Video Streamer」をインストールをします。

そして、アプリを立ち上げて設定を開始します。

AtHome Video Streamerをカメラ側にインストール

デフォルトでは最初、カメラの名前が不規則なアルファベットと数字になっているので、分かりやすいように変更します。

そして、ユーザー名とパスワードを設定。

AtHome Video Streamerの設定

設定が終わったら、モニター側のアプリと紐づけするためにカメラ側の認識用QRコードを表示させておきます。

もし、モニター側でQRコードが読み取れない場合はCIDと表示された数字をモニター側に入力しても可能。

AtHome Video Streamerの読み取り用のQRコード

次はモニター用のアンドロイドのスマートフォンに「AtHome Camera」をインストールします。

説明を読みながらスタート画面まで進みます。

FacebookやTwitterのアカウントでアプリ側のサーバーにログインができますが、セキュリティー面が心配であれば新規登録ボタンを押してメールアドレスとパスワードを設定します。

AtHome Cameraをインストール

そして先程、カメラ側で表示させたQRコードをモニター側のスマホに読み取らせます。

カメラが認識したら、あらかじめカメラ側で設定したユーザー名とパスワードを入力します。

AtHome CameraにAtHome Video StreamerのQRコードを読み取らせる

するとカメラ側の映像がモニター側に映し出されました。

AtHome Video Streamerを使って太陽光発電を監視

インカメラとアウトカメラの切り替えもボタン一つで可能。

このアプリも画面の上部に広告が出ます。

カメラ側に音声を送る場合は画面下の「押して通話」のボタンを押し続けながら話をします。その際にカメラ側のスピーカー音量は最大にしておきます。 カメラ側とモニター側の同時通話はできないので、トランシーバーを使うような感覚です。

動体検知のセンサー機能は感度の設定も可能で、なかなかの高機能なアプリです。

AtHome Video StreamerとAtHome Video Streamerを組み合わせて太陽光発電を監視する

スマホ用の三脚

スマホをカメラとして固定する為には三脚が必要です。

もし、お手持ちの小さな三脚があれば、それにスマホアダプターを取り付ける事で簡単にスマホ用の三脚にすることができます。

写真の三脚はセリアで見つけた100円ショップの三脚です。

百均の小さな三脚

自分が持っていた三脚アダプターを装着して設置するとこのような感じになります。

三脚にスマホアダプターを取り付ける

でも、もっとシンプルに針金だけでスマホ用の三脚を作ることもできます。

写真の商品は針金にラバー製のコーティングが施されたNITEIZEのギアータイ12インチです。でも実は類似品が百均でも売っています。

一本のラバー製針金をこのように曲げるとスマートフォン用ホルダーの完成。

NITEIZEのギアータイでスマホ用三脚を作る

スマホを設置するとこんな感じになります。

写真では画像を確認のするためにスマホの画面をこちらに向けています。実際に使用する時にはアウトカメラの方が画質が良いのでスマホの画面を反対に向けて設置します。

NITEIZEのギアータイで作った三脚にスマホを設置

太陽光発電と室内の様子を同時に監視

これで、外出している時でもバッテリーの電圧状況と室内の様子を監視カメラで確認ができるようになりました。

太陽光発電と室内の様子を同時に監視

ただ、スマホをカメラとして設置する場合には、気を付けておかなければならない点があります。

通常、スマートフォンには節電のためにスリープ機能が設けられています。その機能をオフにすることができないスマホは時間が経つと自動的にスリープになってしまうのでカメラが機能しなくなってしまいます。

あと、スマホを長時間充電ケーブルで繋いでいる状態でスマホ本体が異常に熱くなってしまうような機種は危険なので使用しない方が良いです。 ソーラー発電の安全のために設置したスマホが原因で火災になってしうと本末転倒ですからね。

なので、在宅中にスマホに充電ケーブルを長時間繋いだ状態で数日間ほど運用してみる事をおすすめします。

太陽光発電の状況をスマホで確認する

【太陽光発電】

自然災害が多発している今、再生可能エネルギーが見直されています。空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められて広大なメガソーラー発電所になっていたりします。

新興住宅街には屋根にソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅もあちこちで目につきますね。
灯油で使う石油ボイラーやストーブを撤去してオール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

太陽光発電をしている家庭のほとんどは売電を目的として設置しているので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。

太陽光発電をスマホの監視カメラで管理する
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

【太陽光発電】

自然エネルギーが見直されている今、広大な空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められてメガソーラー発電所になっていたりします。

屋根にはソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅も目につきますね。
オール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

どれも売電を目的として設置している太陽光発電なので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。