太陽光発電に必要なもの - ソーラー発電の自作費用についても紹介。

太陽光発電のシステムを制作するにあたって必要な物をまとめてみました。

ソーラー発電のシステムを自作するには、ソーラーパネル、チャージコントローラー、バッテリー。この3点は最低限必要になります。

他には配線や端子などの接続部品。

ペンチや半田ごてなどの工具類も必要ですね。

趣味で電気工作をされている方なら、すでにテスターも持たれているかと思います。

スポンサーリンク

ソーラーパネルの配線に使われているMC4コネクター付きのケーブルを使用すれば接続が簡単になります。

このページでは、太陽光発電を自作するにあたって必要になるものや費用について紹介したいと思います。

必要機器

シンプルな据え置き型のソーラー発電システムなら以下の機器があれば作ることができます。

出力が100ワットのソーラーパネルなら流通量が多いので、価格も安くてお手頃です。

パネルに当たる太陽光よって変動する電流と電圧をバッテリーの状態に合わせて一定の状態に保ち、効率良く充電をする装置です。

太陽光発電のシステムに自動車用の廃バッテリーを使えば費用もかかりません。ホームセンターなどで新品を買っても安いです。

12V電源のまま使用する場合は必要ありませんが、家庭用100Vの電気製品を使う場合は必要になります。

配線器具

太陽光発電で使用する機器同士を接続するにはケーブルや端子、コネクターなども必要になります。

ソーラーパネルにはMC4コネクターがあらかじめ接続されているので、ケーブルもMC4コネクターが付いているものを選ぶと接続が簡単です。

「チャージコントローラーとバッテリーとの間」そして「バッテリーと使用する電気製品との間」にはVVFケーブルを使用しました。

バッテリーとケーブルを接続する際には、専用のバッテリーターミナルが必要になります。

大出力のインバーターを使う際には、許容電流の大きなケーブルを使う必要があります。

設置器具

ソーラーパネルの取り付け場所やバッテリーの置き場所について必要になるものがあります。

屋根やベランダなどに設置されたソーラーパネルが台風などで飛んでいかないようにしなければなりません。

バッテリー収納ボックスは自作すると使いやすいです。

何年で元が取れる

インバーターを使わずに蓄電した電力を12ボルトの電気製品で使用し、架台やバッテリー収納ボックスなしで必要最低限のシステムを組んだ場合。(2015年5月の価格)

以下のアイテムだけでも独立した太陽光発電システムを組むことが可能です。

100Wソーラーパネル:12,900円
チャージコントローラー:2,180円
廃バッテリー:0円
ソーラーパネル用ケーブル 5m:2,280円
バッテリー配線用ケーブル 5m:約1,500円
バッテリーターミナル 1セット:333円
-----------------------------------------

合計:19,193円

太陽光発電を始めてから、どのくらいの期間で元が取れるのか計算してみました。

主要電力会社10社平均単価が27円/kWhらしい。これは1時間に1000Wの電気製品を使用すると27円の電気代が発生する事を意味します。

なので、100Wのソーラーパネルでは1時間に2.7円分に相当する電気代を作り出している事になります。

たった2.7円!?

でも毎日朝8時から夕方6時まで10時間発電すると1日で27円の電気代。そして、一ヶ月30日では810円。一年では9,720円。

という事は上記のシステムなら2年で元が取れそうですね。

でもこの計算はあくまでも毎日晴れた日が続き、発電した電気をすべて100パーセントの効率で使用した場合ですのでご参考までに。

自作の太陽光発電は何年で元が取れる

こちらは持ち運び先でも充電ができる「ポータブル太陽光発電」システムの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【太陽光発電】

自然災害が多発している今、再生可能エネルギーが見直されています。空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められて広大なメガソーラー発電所になっていたりします。

新興住宅街には屋根にソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅もあちこちで目につきますね。
灯油で使う石油ボイラーやストーブを撤去してオール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

太陽光発電をしている家庭のほとんどは売電を目的として設置しているので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。

スポンサーリンク

太陽光発電に必要なもの - ソーラー発電の自作費用についても紹介。
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

関連記事

【太陽光発電】

自然エネルギーが見直されている今、広大な空地だった場所がいつの間にかソーラーパネルが敷き詰められてメガソーラー発電所になっていたりします。

屋根にはソーラーパネルを設置して自家発電している新築住宅も目につきますね。
オール電化にしている家庭も多いのではないでしょうか?

どれも売電を目的として設置している太陽光発電なので、ちょっとポケットマネーで始めようかという訳にはいきません。

このページでは、オフグリッドのソーラー発電を自動車のバッテリーに蓄電して夜間に使用するといった独立型太陽光発電システムの制作について説明しております。

電気を扱うので取り扱いを間違えると火災や火傷などの危険を伴います。自己責任の上、十分ご注意願います。